\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 静岡県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは静岡県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

借り換えローン利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

借り換えローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融の借り換えローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

借り換えローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

埼玉りそな銀行には借り換えローンや借り換えローンがありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムには借り換えローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

借り換えローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融で借り換えローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

借り換えローンを利用することでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融の借り換えローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミス借り換えローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンを借りるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので借り換えローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

借り換えローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

借り換えローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融と比べて銀行の借り換えローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行で借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

銀行で、借り換えローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の借り換えローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の借り換えローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融の借り換えローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。


静岡県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】