\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 長野県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは長野県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行の借り換えローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

三井住友銀行グループのプロミスには借り換えローン専用のプロミス借り換えローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

借り換えローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

借り換えローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけで借り換えローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

借り換えローンは多重債務者を救済する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

銀行では、借り換えローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の借り換えローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の借り換えローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

借り換えローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

借り換えローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、借り換えローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

借り換えローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

借り換えローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り換えローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「借り換えローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので初めて借り換えローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた借り換えローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融の借り換えローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。


長野県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】