\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 茨城県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは茨城県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

銀行で、借り換えローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の借り換えローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、借り換えローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

借り換えローンの審査に落ちたという人はその原因がわからなければ、次の借り換えローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

借り換えローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

借り換えローン利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

借り換えローンにはメリットが多いのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

借り換えローンに申し込むと審査を受けることになりますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

毎月の返済額を少なくしたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

テレビCMでお馴染みのアコムには借り換えローンに使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。


茨城県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】