\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 秋田県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは秋田県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

しかし、借り換えローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで借り換えローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行の借り換えローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行で借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

銀行で、借り換えローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行の借り換えローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「借り換えローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行の借り換えローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合は借り換えローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

借り換えローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますので借り換えローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

借り換えローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますので借り換えローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者から借り換えローンを借りるとしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

借り換えローンの審査が何度も不合格な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

借り換えローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。


秋田県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】