\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 福島県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは福島県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンとは複数の金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、借り換えローンを希望する人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

借り換えローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのが借り換えローンなのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

借り換えローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんしわざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

借り換えローンは頻繁に利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「借り換えローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので借り換えローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

銀行には借り換えローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の借り換えローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融の借り換えローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行の借り換えローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

借り換えローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

借り換えローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

借り換えローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になります

福島県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】