\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 福井県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは福井県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

銀行で、借り換えローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の借り換えローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の借り換えローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

借り換えローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

借り換えローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融の借り換えローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

でも、借り換えローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

埼玉りそな銀行には借り換えローンや借り換えローンがありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットばかりが強調される借り換えローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

借り換えローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが即日審査、最短即日融資は銀行の借り換えローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。


福井県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】