\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 東京都

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは東京都で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合は借り換えローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、借り換えローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

三井住友銀行グループのプロミスには借り換えローン専用のプロミス借り換えローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

埼玉りそな銀行には借り換えローン専用のサービスはありませんがフリーローンで対応することができます。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、借り換えローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

借り換えローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、借り換えローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが借り換えローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますから借り換えローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

借り換えローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様に借り換えローンにも審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融の借り換えローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

借り換えローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので借り換えローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。


東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】