\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 愛媛県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは愛媛県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

テレビCMでお馴染みのアコムには借り換えローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られており貸付金額は元金の範囲内となります。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、借り換えローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

借り換えローンを提供してる金融業者もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

借り換えローンは複数の借入れを1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

借り換えローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンにしても元本は変わらないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融の借り換えローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

借り換えローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、借り換えローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

借り換えローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融の借り換えローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。


愛媛県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】