\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 島根県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは島根県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

借り換えローンにも与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融の借り換えローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンを借りるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますので借り換えローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、借り換えローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

借り換えローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3までが借入総額の限度です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

埼玉りそな銀行には借り換えローン専用のサービスはありませんが借り換えローンにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

プロミスには借り換えローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行の借り換えローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが借り換えローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており銀行カードローンに使う事はできません。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融の借り換えローンは追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、借り換えローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

借り換えローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのが借り換えローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。


島根県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】