\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 奈良県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは奈良県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

借り換えローンを利用することでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

借り換えローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融の借り換えローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミス借り換えローン)となっています。

借り換えローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になります借り換えローンの審査落ちした人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

借り換えローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますから借り換えローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

借り換えローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

借り換えローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は借り換えローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

借り換えローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融の借り換えローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

銀行では、借り換えローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の借り換えローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行の借り換えローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、借り換えローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

借り換えローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

借り換えローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。


奈良県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】