\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 大阪府

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは大阪府で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

借り換えローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中には借り換えローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

借り換えローンは数社の借入れをまとまられるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

借り換えローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンを借りるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

多重債務者を救済するための商品が借り換えローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

借り換えローンというものは複数の借入れを1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた借り換えローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますから借り換えローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。


大阪府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】