\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 埼玉県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは埼玉県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンを利用する際に一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなく銀行カードローンに使う事はできません。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

多重債務を1本化できる借り換えローンはローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

メリットばかりが強調される借り換えローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスには借り換えローン専用のプロミス借り換えローンという商品名のローンがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行の借り換えローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

借り換えローンの手続きを効率よく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

借り換えローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから借り換えローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

借り換えローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

借り換えローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンを借りるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

借り換えローンの審査でつまづいている人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

借り換えローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。


埼玉県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】