\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 北海道

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは北海道で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、借り換えローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は借り換えローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済だけしかできないカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、銀行の借り換えローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが借り換えローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

借り換えローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

借り換えローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけで借り換えローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

多重債務者の為に提供されている借り換えローンですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

借り換えローンの手続きをスムーズに進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

借入先が複数ある多重債務者の場合は借り換えローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので借り換えローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供している借り換えローンならその発想もアリなのですが消費者金融の借り換えローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。


北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】