\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 兵庫県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは兵庫県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンを組む際に最も簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

借り換えローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、借り換えローンの利用希望者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

銀行には借り換えローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

借り換えローンにも与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返済総額は借り換えローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

借り換えローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

借り換えローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが借り換えローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから借り換えローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、借り換えローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行の借り換えローンよりも限度額が低めに設定されていますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

借り換えローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

借り換えローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。


兵庫県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】