\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 佐賀県

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは佐賀県で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローン審査が難関な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、借り換えローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融の借り換えローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行の借り換えローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

借り換えローンの審査に落ちたという人はその原因を明らかにしなければ、次の借り換えローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

借り換えローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問は借り換えローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、借り換えローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「借り換えローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので初めて借り換えローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の借り換えローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融の借り換えローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

借り換えローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

借り換えローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが借り換えローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

借り換えローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

借り換えローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

借り換えローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

プロミスには借り換えローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますから借り換えローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、借り換えローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。


佐賀県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】