\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ > 京都府

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

当サイトでは京都府で誰にも内緒で今すぐ借り換えローンしたい方におすすめの借り換え専用ローンをご紹介しています。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

借り換えローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前で借り換えローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

埼玉りそな銀行には借り換えローンと言う商品はありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、借り換えローンの利用希望者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、借り換えローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

借り換えローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融の借り換えローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の借り換えローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

銀行には借り換えローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の借り換えローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行の借り換えローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「借り換えローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行の借り換えローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るポイントなど、初めて借り換えローンを組むという人には有益な情報が多いので借り換えローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。


京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】