\借り換えローン利用おすすめ1位/

トップページ

「複数社の借入を一本化したい」
「返済日を月一回にしたい」
「月々の返済金額を下げたい」

今すぐ借り換えローンしたいけど審査が不安という方に、今すぐ借りれる借り換え専用ローンをご案内します。複数の借入を一本化し、無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方も借り換えローンを組める可能性は十分にあります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
【借換ローンおすすめ.pw】

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額返済期間
7.3%~15%100万円~700万円最長10年
(1~120回)
  • 最短2分!申込はネットで簡単入力
  • ご融資額は最高700万円
  • 保証人・担保は原則不要

【必要書類について】
ビッグローンのお申し込みには、健康保険証、運転免許証、パスポート等の身分証と所得証明書(源泉徴収票等)が必要となります。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、複数の金融会社から借り入れているローンを借り換えによって一本化する【借換ローンおすすめ.pw】がおすすめの方法です。借り換えローンによって借入先が一つになり、毎月の返済管理が楽になります。また、一本化することで複数社から借り入れしている現状よりもかなり金利が安くなる可能性があります。

  • 複数社のお借り入れを一本化したい
  • 返済日を月一回にしたい
  • 月々の返済金額を下げたい

という方に、おすすめの方法です。

【借換ローンおすすめ.pw】コラム

多重債務を1本化できる借り換えローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

良いことばかりのようなイメージの借り換えローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

借り換えローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

借り換えローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

借り換えローンの手続きで一番簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

埼玉りそな銀行には借り換えローンと言う商品はありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

借り換えローン審査が難関な人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

借り換えローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

銀行では、借り換えローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の借り換えローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融の借り換えローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

借り換えローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関から借り換えローンの融資を受けるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

借り換えローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

しかし、借り換えローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

借り換えローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り換えローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントなど、初めて借り換えローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。


貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のビッグローン/
【借換ローンおすすめ.pw】