債権者とは何か

債権者や債務者っていう言葉をよく耳にするようになりましたよね。 債権とか債務っていうと、お金が絡んで発生してくることだし、あまりいい響きではありませんが、不景気になるとこういう関係っていうのは常にクローズアップされることになりますよね。

そもそも債権者とは何かというと、平たく言えば、お金を貸している人で、返してもらう権利のある人のことを言うんですよね。 お金を貸すことによって権利が生まれ、債権者として存在するってことなんでしょう。 債務者はその逆で、お金を借りることで返す義務が生じて、債務者となってしまいます。 債権者って言葉がなんとなく威圧感を持って響いてしまうのは、その意味を知っているからなんでしょうね。 景気が悪い今の日本では、債権者と債務者がウヨウヨ存在しているんじゃないかな・・。 東日本大震災という未曽有の災難にも見舞われたし、これからも債権者、債務者は増える一方かも・・。

日本の経済を早く立て直せるように、政治家の方たちには全力でガンバってもらいたいものですね。 特に債務者が少なくなるような世の中になれば、かなり平和になるんだろうなあ。 クレジットカードやキャッシングが溢れている世の中で、そんなことは絶対にあり得ないことかもしれないけど・・。