乗り換えをするなら絶好のタイミング

住宅ローン見直しの為に繰り上げ返済や住宅ローン乗り換えをする事は、毎月の返済額が減額されたり、金利が減額されたりと、メリットとなる事が沢山あります。現在の日本の金利は類をみないほど安く、住宅ローン乗り換えをするなら今が絶好のタイミングです。
しかし、住宅ローン乗り換えをするにあたって注意しておきたい事があります。それは、住宅ローン乗り換えをするという事は、住宅ローンを新たに組み直すと言う事です。住宅ローンを組みなおすと言う事は、1からまた住宅ローンが開始されると言う事になります。その為、借入するための様々な諸費用や、手続き、また、融資が受けられるかどうかの審査が必要となってきます。住宅ローン乗り換えにかかる諸経費として、抵当権抹消及び抵当権設定費用、登記費用、保証料、印紙代、そして取り扱い手数料が発生します。これらの諸費用と新たな返済額を合わせると、元々の総返済額となんら変わらないという場合は、住宅ローン乗り換えを断念し、完済まで現状維持とした方が、効率が良いと考えられます。

仮にこの状態で住宅ローン乗り換えをした場合、手続きや審査を行う手間がかかってしまいますので、その余力があるならば、少しでも繰り上げ返済をした方が、合理的です。しかし、住宅ローンを組んでから期間がまだ浅い場合は、ぜひ住宅ローンを見直し、住宅ローン乗り換えを行った方が、長期的に見て、総返済額を抑える事が出来ます。住宅ローンは融資額も大きい事から1%上がるだけでもかなり負担率は上がります。仮に3000万円借り入れした場合、金利1%でも年間30万の利息が発生します。年間30万円はかなり大きい金額です。普通のサラリーマンの1カ月の手取り分位はありますから、1年間で1カ月分の収入を住宅ローンに持っていかれる事になります。それを長期的に見たら10年では300万円、30年では900万円です。(これは元利均等返済の場合です。)その事を踏まえて考えますと、住宅ローン見直しは早ければ早いほど、検討することが望ましいと言えます。

始めから、低金利で融資を受けている人にとっては、特別問題とする事ではありませんが、他に金利が安い住宅ローン商品があるのであれば、住宅ローン乗り換えをして少しでも毎月の返済額を減らし、家計の負担を軽減させる事が、将来設計を立てる上で有効的である事だと言えます。将来余裕を持って老後生活を送れるように、若いうちからしっかりとした人生設計を立てましょう。